バストアップサプリランキング

安心して飲める効果の高いバストアップサプリは?

女子の胸の悩みは本当に尽きませんね。
やはりふくよかなバストには永遠の憧れです。

 

胸が小さいからといって諦める事はありません。

 

バストアップの方法はいろいろあります。
豊胸、バストアップマッサージ、育乳ブラ、
そしてバストアップサプリです。

 

生活習慣を変え、内側から整える事はとても重要です。
そして毎日飲むだけのバストアップサプリは
とても手軽なのも人気の秘密です。

 

いろいろなバストアップ法を試してみたけど
いまいち効果を実感できなかった人、、、

 

ますはバストアップサプリを試してみませんか?

 

数あるバストアップサプリの中から
人気の高い、成分がきちんとした
安心して飲める、バストアップサプリを検証してみました。

 

 

バストアップサプリランキング

 

 ベルタプエラリア

おすすめポイント

ベルタペラリアは100%純粋なプエラリアを使って作られている、
タイの国からAAAランクの認証を受けている、
とても安心できるバストアップサプリです。
女性らしいボディーラインを手に入れることができて、
安心して服用できるプエラリアで、リピート率も高く、
有名人も愛用しているというプエラリアのバストアップサプリです。

ベルタプエラリアの口コミ

 

ピンクと白のカプセルでとても飲みやすいです。匂いも味もなく、すんなりと飲むことができます。ベルタプエラリアを飲むようになってから、肌がきれいになったような気がします。もちろんバストもハリが出て、満足がいくボディーラインを手に入れることができました。このままの状態をキープしたいと思っていて、続けて飲みたいです。

 

仕事柄、ボディーラインが気になっていたのですが、ベルタプエラリアと運動を一緒にして続けていたら、水着のサイズを変えなければならないくらい、ふっくらとしたバストに慣れてすごく嬉しいです。それまでは同性に見られるのも恥ずかしかったのですが、今では堂々と同性の前に裸で居られるくらい自信が持てるようになりました。

 

 

>>レビュー・詳細はこちら<<

 

 

 

 

 ピンキープラス

おすすめポイント

効果は高いけれど、副作用の噂も多いプエラリア。
ピンキープラスは、そのプエラリア不使用のバストアップサプリです。
生活改善を主眼に、バストアップを目指します。
安心して使えるのに、94%がサイズアップしたと
いう効果の高さも人気の秘密。
A→Cへサイズアップした人が、33%もいると言うから驚きです。
使用に年齢制限がありませんので、未成年でも使えます。

ピンキープラスの口コミ

 

片思いの彼が、貧乳が好きではないと知りピンキープラスを飲み始めました。
飲み始めて間もなく胸が張るのを感じ、
そのまま1か月くらいで、AからBにサイズアップしました。
ブラを買い替えた時は、本当に嬉しかったです。
前は胸が無いのが気になり猫背気味でしたが、そんな癖も直りました。
もうちょっと育ってくれる事を期待して、飲み続けています。

 

 

洋服を着ると胸元がガバガバになるほどの貧乳がイヤで、
バストアップサプリを飲む事にしました。
プエラリアは友達が生理不順になったので、使っていないピンキープラスを選びました。
正直「プエラリアが入っていなくても大丈夫かな?」と思いましたが、無事に2カップアップしました。しっかり効果がありますよ!
現在Cカップです。洋服を買う時、胸の開きを気にしなくて良いので楽しいです。

 

 

>>レビュー・詳細はこちら<<

 

 

 

 B-UP

おすすめポイント

飲み続けるだけで自然に胸を大きくすることが出来、同時に痩せる効果も発揮されると言われています。
出来るなら楽して胸を大きくしたいと思っている人や、バストアップ効果と美容効果の両方を手に入れたいと言う人には、特にオススメのサプリメントだと言われています。
女性らしいからだを目指している人にもオススメです。" "「B-UP」は、バストアップには欠かせないと言われている、プエラリアの力を使って、胸を大きくしていると言われています。
そのほかにも、大豆の40倍のイソフラボンや美容効果を期待することが出来る成分としても、テオキシミロエステロールやモロエステロールといった成分も配合されていると言われています。
「B-UP」の効果は、1日に2粒飲むことによってバストアップに導いてくれるのです。

 

 

 

B-UPの口コミ

 

メリハリのない体が気になって、ダイエットをしているのですが、どうしてもバストから小さくなっていくんです。
何とかしたいと思い、サイトで偶然見かけたので、「B-UP」を購入してみる事にしました。
購入して飲み続けているだけなのに、バストアップ効果があり、ウエストにもくびれが出てきました。
飲んでいただけなのに、念願のボディを手に入れることが出来ました。

 

授乳をきっかけに、どんどんハリのないバスとになっていきました。
何とかしたいと言う思いもあり、友人からの紹介をきっかけに、「B-UP」を飲むことにしました。
飲み続けて最初のほうは何も変化はなかったのですが、飲み終わろうとしていたときから、バストに若干のハリを感じるようになったのです。
「B-UP」のおかげで自分に少し自身を持つことが出来ました。

 

 

>>レビュー・詳細はこちら<<

 

 

 

 

 ハニーココ

おすすめポイント

 

 

 

 

ハニーココの口コミ

 

 

 

 

 

 

>>レビュー・詳細はこちら<<

 

 

 

 

 エンジェルアップ

おすすめポイント

 

 

 

 

エンジェルアップの口コミ

 

 

 

 

 

 

>>レビュー・詳細はこちら<<

 

 

 

 

女性である以上、体の悩みは尽きないもの。

 

身長・体重はもちろん、肌や髪……。
悩みはさまざまですが、胸の大きさで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

現在では、さまざまなバストアップ法が世に溢れかえっています。
しかし、間違った方法を実践してしまうと、
逆にカップダウンしてしまう、
胸に脂肪はついたもののアンダーも大きくなってしまい、
結果カップは変わらない、
むしろ見た目が太っただけ……
など逆効果にもなりかねません。

 

正しいバストアップ法で、
きれいなバストを手に入れましょう。

 

本当に効果的なバストアップ法とは?

 

意外に思われるかもしれませんが、
バストアップには睡眠時間がとても重要です。
夜11時から2時の美容のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に睡眠を取ることで、
体のホルモンバランスや新陳代謝を自然と整えることができます。
ダイエットした結果、体重は落ちたものの胸も一緒に小さくなってしまった……
という経験はありませんか?
ダイエット法に問題があることも多いですが、
疲れているときや体調がすぐれないようなときにまで
無理にダイエットしてしまうことにも起因しています。

 

体調がすぐれないときにダイエットを続けてしまうと代謝が下がり、
ホルモンバランスや乳腺にまで影響を与えてしまうことになります。

 

バストアップは、健康な体づくりから。

 

土台がしっかりとしていなければ、バストは育ちません。
体の声にしっかりと耳を傾け、生活習慣を見直してみましょう。

 

これも効果的!

 

睡眠時間を確保することが難しい人でも、
カンタンに取り入れられるのが「寝るときの下着を変える」こと。
寝るときのノーブラ……。

 

解放感があることは確かですが、バストアップのことを考えるのであれば
、寝るときも下着を着用する方がよいでしょう。

 

その際の下着は、あおむけに寝た時に、
横や下にバストが流れず、
固定されるものを選びましょう。

 

ただし、締め付けの強いものは避けた方が無難です。
高価な補正下着でなく、普通の下着でじゅうぶんです。
ただし、購入の際には試着をするなどして自分に合うものかを確認した方がよいでしょう。
自分の体に合うものを着用することが、バストアップへの近道です。

 

バストの大きさは、遺伝じゃなかった!?

 

実は、バストの大きさを決めているのは体内の女性ホルモンの量。

 

遺伝や個人の体質ではありません。

 

母親も小さいから、自分も……
と思いこんでいる方も多いのですが、
一番の原因は女性ホルモンの欠如にあるのです。

 

つまり、女性ホルモンを増やすことがバストアップにもつながります。
それ以外にも、女性ホルモンが増えることで、
体調が整うほか、肌がきれいになるというメリットもあります。
女性ホルモンを増やすためには、生活習慣や食生活の見直しが第一ですが、
手軽にサプリメントで取り入れるという方法もあります。

 

バストアップ用のサプリの多くには、「プエラリア」という成分が含まれています。

 

プエラリアってなに?

 

タイ北部やミャンマーの山岳地帯など
亜熱帯地域の落葉樹林に自生するマメ科クズ属の植物。
見た目はジャガイモに似ていて
、赤いグワオーデン、黒いグワオーダム、白のフアオークルアがあります。
成分はショ糖(砂糖)および食物繊維が大部分ですが、
女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが多く含まれています。

 

プエラリアのイソフラボン含有量は大豆のほぼ40倍にも及びます。

バストの成長には何が必要なの?

 

バストの成長に何が必要か、どんなことに気を付ければ良いか知っていますか?
バストの成長に大きく影響するのが、ホルモンバランスです。
このホルモンバランスが崩れると、バストの成長の妨げとなる場合もあるのです。
ホルモンバランスを適切に保ち、バストアップにつなげるためにも、心身ともに健康であることが重要です。
また、度が過ぎたダイエットにも注意が必要です。
特に食事制限ダイエットは要注意。食事の量が減ってしまうことで、バストに必要な栄養が行き届かなくなってしまうのです。
健康を保つためにも、適度な食事を心がけましょう。
特に、タンパク質は積極的に摂取することをおすすめします。
タンパク質をとることで、バストアップにつながりますよ。

 

 

バストアップの秘訣は乳腺にあり!

 

バストの大きさは何によって決まるのでしょうか?
それは、乳腺の発達が大いに関係しています。
バストはどのような構成比になっているかというと、脂肪が90%、乳腺が10%です。
実は、乳腺を発達させると、バストアップにつながるのです。
乳腺は、脂肪腺を保護するために増えます。そして、その乳腺を守ろうとした結果、バストに脂肪がつきやすくなり、バストが大きくなるのです。
乳腺を発達させるためには、女性ホルモンが正常に分泌されるよう、体内環境を整えてあげることが重要です。
食事や睡眠など、規則正しい生活習慣を心がけ、健康に努めましょう。

 

 

バストアップしたいなら、たっぷりの睡眠を!

 

健康を考えるときに重要となってくるのが、睡眠です。
睡眠が不足すると、心や体にさまざまな悪影響を及ぼします。
睡眠不足は、バストアップを考える人にとって大敵です。
十分な睡眠をとらないと、自律神経が乱れ、女性ホルモンのバランスが崩れます。
そうなると、バストにとって重要な乳腺の発達の妨げとなります。
その結果、バストにも大きな影響が及ぶのです。
また、睡眠不足によって起こるのは、乳腺に関する問題だけではありません。
睡眠は血行や代謝機能にも大きく影響します。睡眠が不足すると、血行不良や代謝低下につながります。その結果、バストアップに必要な栄養が十分に行き渡らなくなるのです。
それだけではなく、バストアップに重要な乳腺への刺激も、弱くなってしまいます。
バストアップしたいなら、睡眠はたっぷりとるように心がけましょう。

 

バストアップのために必要な睡眠タイミング

 

バストアップには、女性ホルモンの正常な分泌が必要不可欠です。
この女性ホルモンが分泌されるのが、寝ている間なのです。
では、どの時間に寝るのが効果的なのでしょうか?
寝るタイミングとしておすすめなのが、夜10時〜2時です。この時間内に就寝すれば、眠りについて3時間後から成長ホルモンの分泌が活発になります。

 

オトナの女性は毎日忙しく、なかなか睡眠時間を確保するのが難しいですよね。
でも、バストアップを考えるうえで、夜10時には就寝できるようにすることはとても大切なのです。
実は、女性ホルモンが一番多く分泌されるのは思春期です。
しかし、20歳くらいから分泌量は減少し始め、そこからは年齢を重ねるごとに分泌量は徐々に低下してしまうのです。
大人になると、仕事や家事、育児など毎日やることもいっぱいで、たっぷり睡眠するのは難しく、ついつい寝るのも夜遅くになってしまうという方も多いと思います。
でも、女性ホルモンの分泌量を保ち、バストアップや美容に繋げるためにも、早めの時間に眠れるよう生活を見直すことも大切です。

ホルモン分泌のためにも、寝る前の食事は控えましょう

 

成長ホルモンの効果を最大限まで伸ばすにはどうしたらいいのでしょうか。
そのためには、血糖値が低い状態にしておくことが大切です。
成長ホルモンは睡眠時に分泌されますから、睡眠時の血糖値を低くしておくことが重要なのです。
寝る数時間前に、食事をしていませんか?そのような習慣があると、睡眠時の血糖値を低く保つことができません。
成長ホルモンの正常な分泌を促すためにも、寝る前の食事は避けたほうがいいでしょう。

 

きれいなバストとダイエットの両立のためには?

 

痩せたい・きれいになりたいという一心で、無理なダイエットをしてしまった経験はありませんか?特に、過度の食事制限ダイエットは要注意です。
確かに、食べる量を減らす、食事をとらないなどといったダイエットをすれば、体重は落ちるでしょう。しかし食事制限をしてしまうと、十分な栄養が体に行き渡りません。また、血行不良も起こってしまいます。
体重は落とせても、健康や美容のためにはよくありません。バストも小さくなってしまいます。
美しいバストを保ちつつダイエットするには、適度な食事制限とあわせて、運動をすることが重要です。特に大胸筋を鍛えると、ダイエットによってバストが小さくなってしまうのを防ぐことができますよ。

 

妊娠・出産・授乳によるバストの悩み…

 

出産や授乳によって、バストの形が崩れないか心配になったことはありませんか?
授乳するのではなく、市販のミルクを与えていれば大丈夫なのでしょうか。
いいえ、そういうわけではありません。母乳を与えていなくても、妊娠・出産を経験することで、バストが垂れてしまう可能性があるのです。
その主な原因としては、妊娠したことをきっかけに急激にバストが大きくなることが挙げられます。
バストは、クーパー靭帯という靱帯によって支えられています。しかし、妊娠をきっかけとしてバストが急に大きくなることで、この靱帯が伸びたり切れたりしてしまうことがあるのです。
一度伸びたり、切れたりした靱帯は、元に戻せません。よって、支えを無くしてバストが垂れてしまう、という現象が起こってしまうのです。
妊娠期のマタニティブラ・産後ブラなど、時期に合わせたブラジャーを付けることがおすすめです。
また妊娠中は筋力が衰えがちです。大胸筋を鍛えて、バストアップを意識することもポイントです。

 

自分に合ったブラ、付けていますか?

 

みなさん、自分に合ったブラジャーを付けていますか?
自分に合っていないブラジャーを付けていると、バストの型崩れや、サイズの縮小など、様々な悪影響を及ぼす可能性があります。
自分に合ったブラジャーを着けていないことが
バストの型崩れ、縮小を引き起こす可能性があります。
バストは、クーパー靭帯という靱帯によって支えられています。しかし、この靱帯はストレスを受けやすい器官でもあります。
ブラジャーの付け方が間違っていると、バストを理想の位置で支えられなくなってしまうのです。
サイズや付け方などに注意しましょう。

 

 

 

ナイトブラ